美容整形手術による輪郭形成成功

これからは前向きに生きていける

手術は、麻酔をしている間にあっという間に終了して、その日のうちに帰宅することが出来ました。
手術後は、麻酔が切れてくると徐々に痛みが増してきて、食事をとることも出来ない程でした。
事前に痛みについての説明もあったので、かまずに食べることが出来るものを用意していたので、数日は流動食のようなもので済ませていました。
痛み止めを使いながら、徐々に痛みも軽減していき、1週間程度経つと痛みも腫れもほとんどなくなりました。
手術後10日目に術後の診察がありましたが、傷跡の状態や腫れなども順調に回復しているということで、非常に安心しました。
2週間もたつと、腫れも、痛みも落ち着いてきて、完成形に近づいてきました。
見た目も、気になっていたエラが無くなっていて、さらにフェイスラインがしっかりと出てきていたので、とても嬉しく感じました。
1ヶ月程度は少し違和感を感じたり、突っ張った感じが残っていましたが、1ヶ月を過ぎると違和感もなくなり日常生活を送れるようになりました。
今では自信をもって前を向いて歩けるようになりました。

成功の秘訣は腕の良い医者を探すこと : 料金はケチらない方が良い : これからは前向きに生きていける